給料の安い病院の薬剤師の手取りは?

給料の低い薬剤師

病院は薬剤師に人気の就職先です。

ただ、待遇は全員同じなのかと思ったらそうでもない現実が分かってきました。

他の薬剤師さんたちに聞いた話も織り交ぜながら、給料の安い薬剤師がなぜそうなったのか考察していきます。

 

ドラッグストアよりも給料が低い?

私が見た範囲ですが病院での給料は、調剤薬局やドラッグストアに比べ低くなってると思います。

病院の薬剤師の初任給は、国公立で20~22万円、私立系は22万~24万あたりです。
薬局は平均24万~26万円くらいとなっているので、それと比べても、少し低めということになります。

国公立の病院の場合、手取りは20万切ってしまうという事態にもなりますが、国公立の病院の薬剤師は、公務員の給与形態と同じになるので、勤続年数を重ねていくと、着実に給料はアップし、最終的には高い給料となります。
民間より年収で200万程度高く、退職金も1千万の差があるとか。

 

国公立病院では、医療の最前線で働けるので、自分のスキルを磨くこともできます。
しかし、公務員試験に合格する必要があり、また、希望者も多くいるため、簡単に就ける職業ではありません。

一方、民間の病院の場合、薬剤師の給料は500万程度で頭打ちのようです。
薬剤部長などのポストにつければ、もう少しアップする可能性もあります。

民間病院では、規模や経営状態によって、違いはありますが、経営難に陥っているところもあります。

また、医師や看護師が不足している中、給料を薬剤師にはまわす余裕がないのです。

それでも、チーム医療の一員として、患者さんの治療に直接かかわることのできる病院は人気があります。薬剤師が不足することがなければ、給料を上げる必要もないのでしょう。

薬剤師の仕事はもっと評価されるべきだし、病院薬剤師の給料は低すぎる気がします。
今後、薬剤師がさらに活躍し、待遇も良くなっていくことを願います。

 

なぜ給料が低い薬剤師がいるの?

薬剤師として何年も働いてくると、大学の同期達の中でも給料に差が出てきます。
資格を取ったスタート地点はみんな勢ぞろいで同じだったのに、新卒で入った会社、そして転職先など人によって色々と変化が出てきます。

初任給はだいたい結構もらえるんです。
みんなそこそこに良かったりするので、和気あいあいに盛り上がります。

 

そして10年後にみんなで照らし合わせると、差が出てるんですこれが。
現実を思い知らされるんです。私は給料が低いほうだったので、正直聞きたくなかったところです。

顔には出さないようにしていたものの、内心ではショックでしたもの。

私のことは置いておいて、他の子に聞く中では、民間病院とか小規模の調剤薬局で働いている子は給料が低いままだと言ってました。
特に東京都内のような薬剤師がたくさんいる地域では期待できないですね。

ちょっと郊外で薬剤師不足になってるエリアだと同じ条件でも給料は高いんです。

 

でもですよ、民間病院で働いていたとしても経験を積むとか、チーム医療に携われる環境というのは薬局では体験できません。
貴重な経験を積んでキャリアアップするために売り込めるものは蓄積できるので、履歴書を書くときにも困らないです。

あと、大規模な薬局とかドラッグストアだと、店長に抜擢されたり管理薬剤師になれたり、エリアマネージャーとか課長に昇進とか役職につくことで大きな年収アップに繋がることもあります。

私の周りにいる女性薬剤師だと家庭を重視するということで退職してパート勤務をしている子もいます。給料も高くて、残業もなくてシフト勤務なので事前に予定が組めることがメリットですね。

 

error: