薬剤師の転職理由の例を調べてみた

給料の低い薬剤師

転職するときに履歴書や面接で適した転職理由とはどういうものなのでしょうか。

例えば、男性で薬局でやりがいが無くなって病院へ転職を考えるときです。
病院では薬剤師の業務量は多く、幅広い仕事ができ、スキルアップにも繋がります。
それなら仕事に対する前向きな理由になります。

女性だと結婚や出産がどうしても出てくるので、調剤薬局への転職のケースが多いです。
パートでも働けますし、全国どこに行っても経験が活かせます。
忙しい仕事よりも家族にかける時間を増やしたい人が多いのもよく分かりますね。

今回はそういった転職事情も見ながら皆さんに伺ってみました。

 

薬剤師の人間関係問題

ある薬局から他の薬局へ転職するときに多いのは、人間関係のせいだったりします。
少ないスタッフ同士の中でいざこざが起こると、なかなか継続して仕事をしていくのは厳しいものがあります。
チェーン店なら異動もありますが、個人薬局ならできないので結局転職の道を選ぶんですね。

女性だとドラッグストアで働く薬剤師も多いです。
店舗では日用品や食品も販売されているので買物もできますし、車通勤のついでに子供の送り迎えもできたり、それほど忙しくない職場でもあったりして人気があります。

 

調剤薬局の薬剤師の就職活動

大手チェーン薬局での就職活動なら説明会に参加するなどして情報を集められます。
1社だけに絞らないで、幾つも訪問したり調べると良いでしょう。

チェーン薬局なら、大きな病院やクリニックの門前など店舗によっても扱う薬の内容や忙しさは異なってきます。

個人経営の薬局であれば、どのようなクリニックからの処方箋を受けているのか、広域の処方箋がメインなのかなど様々あります。

 

まずはご自身がどんな調剤薬局で、どのような仕事をしたいのかをあらかじめ決めておき、多くの情報を収集していきましょう。

私がチェックすべき点として、新人に対する教育制度が整っているかです。
新卒での就職だと最初の職場で経験したことはその後の薬剤師としての生き方に影響してきます。

大手のチェーン薬局なら普通の企業と同じように、一度で数十人の採用があるので同期入社で一緒に研修を受ける環境にもなっているものです。

 

個人の薬局だと同時に応募するライバルも少ないので受かりやすいとは言え、日々の業務をこなすことで体で覚えていく形になります。
他の人と同じ、というコピー人間のような社会人がイヤだという人は独自の勉強もできて、オリジナルのスキルに繋がることにもなるので、一概にどちらがベストと言えるものでもないです。

これからの時代は薬剤師も飽和するかもしれないという可能性が0でもないので、いかに独自の個性が持てるかが高収入のキッカケでもありますし、積極的に学ぶ姿勢はきっと将来にも役に立ちますよ。

 

東京で就職を選ぶ薬剤師

大学が東京で、そのまま就職を選ぶ薬剤師は多いです。
年収についてですが、東京都内で働く薬剤師の平均年収は420万円~580万円と幅広いです。

結婚出産で退職した人がパート勤務する場合だと時給2300円前後はあります。

東京で地域によって大きな差はありませんが、私の感覚では千代田区や中央区などで年収が高めになっていた気がします。

 

求人数も多いですし、病院でも調剤薬局でもドラッグストアでも募集はよく出ています。

やはり人口が多いだけ医療機関も多く、就職先を探す点で言えば難しくないですね。

他にも治験とか、医療機器を扱うメーカーなども東京には集中しているので、薬剤師の資格を活かせる職場は多様化されています。これは東京ならではの特徴でしょう。

 

駅から近い職場、残業なしの職場、土日休みの職場、基本給が高い職場、などなど自分の中で優先したい希望条件をあらかじめ考えておいて、
求人サイトを使えば条件に合った求人がリアルタイムに一覧がパッと見られるので便利ですね。

同じように就職を考えるライバルが多いのも東京の特徴ですが、良い案件には積極的に飛び込んでいくことが勝ち取るためは必要な事です。
職場の環境や条件と照らし合わせてスマホでも検索してみましょう。

 

企業内診療所で働ける薬剤師の求人

近頃は一般企業でも社員の健康面に対する意識が出てきており、社内にクリニックなど医療機関を置く会社も増えてきました。

このような企業内診療所には医師、看護師、薬剤師などが雇用されています。

患者さんはその企業での社員さんばかりですし、季節にもよったりしますが1日の処方箋もせいぜい20枚前後です。常駐の場合もありますし、週に何回か勤務する場合もあります。

大手企業の本社でコンビニやレストランやクリニックやドラッグストアなどが揃っているところを私も見てきたことがあります。東京なら募集も多く出てますね。

本社が機能する平日だけの勤務で、カレンダー通りの営業で残業もほとんどない条件で給料も良かったです。

それほど忙しい環境でも無かったりしますし、週1日の勤務OKという求人が出ていた企業もありました。

 

あとはパート薬剤師も歓迎となってました。

経験値などで多少の変動はありますが、それは薬局でもドラッグストアでも同じです。

長時間勤務ができない方や、扶養範囲内での労働を希望する薬剤師には丁度いい求人だと感じました。

1人での勤務の場合は調剤、薬品管理、在庫確認など自分で行う必要がありますが、マイペースに働きたいと言う人には良いかと思います。

 

MRをしている薬剤師の就職先の企業について

医療機関以外にも一般企業に行く人はたくさんいます。

例えば代表的なのが製薬会社です。新薬の開発、研究を行うことや、MRとなりあちこちの薬局や病院に出向いたり、CROやSMOのような治験の現場があります。

私の友人がMRをしているのですが理由を聞くと、薬局でのルーチンワークは多分向いてなくて、自分が薬剤師としての知識がどれだけ通用できるのか、そして稼げる営業職に興味を持っていた、と言ってました。

医師を相手にして専門的な話をしたり、自社製品が患者さんの役に立つことをやりがいに感じるんですね。

 

薬局勤務は患者さんの応対はあるとはいえ、確かに狭い空間での同僚と過ごす時間が大半ですから、人付き合いが好きで、話すことが好きな人には薬局のほうが苦痛みたいです。

営業職なので不規則な生活にはなりがちですが、親睦を深める意味もあって休日に医師たちとゴルフに行ったりなども楽しんでいる様子でした。

そこまでするだけあって、やはり収入面は私たちの中ではズバ抜けてました。年収1000万円も狙えるのは薬剤師の肩書きではなかなかできません。連休はしっかり取っていたので、毎年のように海外旅行に行ったりもしてました。

白衣では無くスーツ姿でバリバリ稼ぐ日々があっているんだと言ってましたね。私は給料が低いと嘆いている自分が平凡に思えてきて、ちょっとした憧れでもありました。

 

拘束時間の長さ

薬剤師にとって初めて社会に出るときに選ばれやすいのが病院ですが、実際はその数年後に薬局に転職、というケースもよく見られます。

理由として、「拘束時間の長さ」です。
薬剤師の人員削減があったり、業務量が多くなることがあります。

病院薬剤師は、調剤、在庫管理、注射薬、などなど様々なものを扱い、病棟の付き合いや勉強会にも時間を費やします。

さらには当直によって体調面でも悩まされますし、不規則な毎日では精神的にも厳しくなります。
結果的に結婚出産で生活リズムが安定した薬局へ転職する女性が多いんですね。

そして、「給料が低いこと」もあります。
民間病院だと薬剤師もあまり年収が上がる話なんて聞きません。

あとは、「人間関係」もありますね。
薬剤師同士の日々というわけではなく、看護部や医師たちとの付き合いも必須になります。

このように病院で仕事をすることに抵抗を感じ始める薬剤師は、その後は薬局に転職することを選び、忙しかった環境に比べると物足りなさもあるかもしれませんが、
患者さんに対する気持ちは何も変わりません。

どんな風に仕事をしていけるかを事前に調べておくのもいいでしょう。

 

生涯で転職する回数は3回という声も

薬剤師は資格を持っているので、比較的転職はしやすい職業と言えます。
生涯で転職する平均回数は3回とも言われています。

転職の理由は様々ですが、主に以下のようなことが考えられます。

 

・多忙
病院の規模や、薬局の立地条件などにより、職場の忙しさは様々ですが、
忙しく、残業も多い職場では、体調を壊す場合もあるので、ゆったり働けるところを探す人もいます。

 

・勤務時間
ドラッグストアや、夜遅くまで開いているクリニックの門前などは、
土日も薬局を開けたり、夜診に合わせて、開局時間を長くしたりしているので、
自分の生活形態に合わせて、土日が休みのところや、早く帰れるところに転職する人もいるでしょう。

 

・ステップアップしたい
例えば、耳鼻科のクリニックの門前薬局などでは、その診療科の薬しか普段取り扱うことがなくなってしまします。
大きな病院や、総合病院の門前で幅広い知識を身に着けたい人や
その他、漢方薬局で漢方の知識を深めたい等、自分自身のステップアップのための転職を希望する場合もあります。

 

・結婚・出産
結婚・出産により、勤務時間を減らして働きたい、通いやすい場所を選びたい等、
また旦那さんの転勤により、引っ越し先で仕事を探す人もいます。

 

・人間関係
職場の雰囲気が悪かったり、どうしても合わない人がいたり、
特に調剤薬局では、毎日決まった顔ぶれで仕事をするので、悩みを抱える人も多いようです。

 

・収入
都市部では薬剤師の給料は低めです。
僻地の薬局などへ行けば、高収入を得られる場合があります。

このようにさまざまな理由があると思いますが、面接で転職の理由を聞かれたとき、どう答えるかは注意が必要です。
前の職場の愚痴ばかりになってしまったり、ネガティブな印象を持たれることは避けましょう。
次の職場でどのように働きたいのか、自分がどうなりたいのかをしっかり話せるようにしておきましょう。

 

error: