薬剤師の就職・転職に関する口コミ集

給料の低い薬剤師

ここ数年を見ると、薬剤師は6年制になってから薬学部が急激に増加したため、
これからはどんどん人数が増えて、先行きとしては飽和状態になる、と言われています。

冷静に考えてみると、卒業人数は確かに増えるとしても6年制になったことで経済面での負担も大きくなります。
これによって薬学部への進学を諦める人も少なくないんです。

それに少子化の時代では大学側としても国家試験の合格率を上げないと学生が来てくれないことになるので、簡単に卒業させずに留年させるところもあると聞きました。

こういった事情があってそうそう簡単に飽和状態にもならないという意見もあります。
なので薬剤師の就職が難しくなるとか、給料がどんどん下がるのか、というと必ずしもYESではないと思いますが、薬剤師たちの口コミを見ていると今後が不安視されている部分も見えてきました。

 

薬剤師に人気の病院で働くには?

病院で人気が別れる
薬剤師たちに人気の病院とはどういうものなのでしょうか。 私の経験で言うと、新卒での就職のときは「1.大学病院 2.民間病院 3.公立病院」となっていたと思います。 大学病院で新卒だと研修生として募集がされるケースがあります。 年収は職員たちより少し低いですが、研修生用のマニュアルが組まれていて、初めて社会に出るものとしては勉強の時間も与えられながらお金ももらえる制度になってます。

まぁ、やはり募集人数はかなり少なめですから狭き門にはなっています。 全部の大学病院にあるわけではないですし、低収入なので生活の余裕もなかなかありません。 でも研修期間が終われば大学病院にそのまま就職、というメリットがあるので特別に就職活動をする必要もないこともあり人気はありますね。 民間病院の場合、主に欠員補充として募集が出されるので、タイミングが合えば応募できます。 公立病院の場合、公務員試験の合格が必要になるんです。

一般の薬剤師というより公務員になるわけですね。女性には人気でした。 人気のある病院というのはやはり同じことを考えている人も多く、いずれも狭き門ということもあり簡単ではありませんが、クリアした後の見返りはそれなりのものだと思います。 ただ、薬剤師として自分がどのような働き方をしていきたいかが一番重要です。

なんとなく入った職場というのは思い入れもそれほど無くなったりすることもありますし、安心してしまってダラダラした日々を送ってしまう人もいました。 どれだけ強みを身に付けていけるか、多くの業務の中で武器を手に入れられるかということが将来的に年収を上げるためのメリットにもなりますからね。

 

転職1年目の薬剤師の実態

薬剤師人生の岐路ですね
今どきは薬剤師も転職することは、決して珍しいことではありません。多くの人が様々な理由で転職されているんですね。 例えばスキルアップのために、更なる高年収を狙って転職活動される人も多いです。 昔の同僚でもそれまで転職の話なんて一切口にしていなかったのに、あるとき突然「来月から●●で働くことにしたの」という話をされたこともありました。

転職が上手くいかなかったときのために、活動中は周りに言わない人もいますからね。 他に、人間関係やストレスによって転職を検討する薬剤師もいます。 このケースだと次の職場を決める前に退職されることが多いですね。 職場の環境から離れることを先に行って、1か月2か月は休養しながら今まで取れなかった時間の余裕を持つことで精神的に落ち着かせるんですね。 薬剤師は人不足な状況でもあるので、いざとなれば働き場所はいくらでもあるという感覚は分かりますね。

 

転職1年目はそれまでの仕事の日々から解放されて、新たな気持ちに切り替えるための余裕は持っておいたほうがいいですね。 給料に関しても大幅な変化はないでしょうけど、今まで毎月30万円入ってきていたものが35万円になったとなると気持ちの余裕が全然違います。 お金を使うペースにも余裕が生まれるので、自分がそれなりに頑張ってきたご褒美としてもお給料は大事なものです。 では、給料の変化を転職先で考えてみると、例えば「薬局から他の薬局」に移った場合、給料はほぼ変わらずか、少し上がることが多いです。

ストレスなどのマイナス問題で転職した場合でもこれは変わらないと思います。 しかし、「薬局から病院」の場合だと1年目の給料は下がることが多いです。 ただ、業務内容がハッキリと違いますし、大きなところであれば安定感もありますし、多くの人たちと知り合う機会も増えます。 そして、「病院から薬局」への転職の場合だと、まず給料は上がります。 うまく行けば月5万円以上のアップは見込めます。 しかも、仕事量は遥かに少ないので、転職してすぐ仕事にも慣れるでしょう。

 

病院で働く薬剤師の給料はいくら?

経営破たんも有り得る
病院にも多くの薬剤師が働いていますが、色々と給料を調べてみると平均でも年収400万円程度だったり、最高でも630万円程度だったりするんです。 大学の友人が大手製薬会社で働いてますが、年収800万円もゴロゴロいると言ってます。 同じ薬剤師として仕事をしているのに、職場によってこんなにも給料に差があるんです。 病院だけで見てみても差があります。

例えば、国公立病院なら公務員として一般的な昇給制度に基づいてますし、給料が下がるなんてこともなく、安定しますよね。 ただ、当直勤務や土日出勤など病院ならではの勤務体制に組み込まれることもあるので、業務量が多くてハードな日々を送る人もいます。 高齢化が進むという意味では、倒産の可能性がある一般企業に比べれば将来的にも親族としても安心してもらえることにはなります。

民間病院だと経営破たんのリスクもあるので、絶対安心ではありません。まぁ給料も期待できないほどですけどね。 それでもスキル面を考えると調剤以外にも多数の業務を経験することになりますし、看護師や医師など様々な医療スタッフと働くことで責任感や連携を磨くことはできます。 薬の知識だけでなく社会人として磨かれることは、その後の人生にも大きな影響をもたらせてくれるものです。 新卒でも病院はいつまでも人気があるのも分かる気がします。 給料以外の部分で得るものが多いのが病院での勤務なのではないでしょうか。

 

薬剤師が給料を上げる方法とは

友人から聞いたんですけど
薬剤師が給料を上げる方法としては、地方の調剤薬局で働くことです。 というのも地方ではここ数年、薬剤師の人材不足が続いています。 6年制になり薬学部が増えたと言ってもすぐに解消はされていない重大な問題なんですね。 地方だからと言っても高齢化が進んでいる地域は都会よりも多いわけで、利用が多い薬局には必ず薬剤師が必要ですから、薬局側も薬剤師の確保をしようと躍起になっています。 エリアによっては都会と比べて200万円300万円もの差がでるケースもあるんですね。

そのような情報をいち早く知ってUターン転職をされる方も見ました。 都会の慌ただしい喧騒や、毎日の満員電車での通勤などに疲れて田舎に帰った人や、 忙しい割に給料が低い都会よりも、自然が多い田舎で広い道路を車通勤してのんびりとした業務と高い給料を選んだ人など男女関係なくいましたね。 特に病院勤務の方は、調剤薬局やドラッグストアへの転職の道も今ではごく普通になりました。 それだけでも都会にいながら給料は上がるんです。

薬剤師仲間の話でよく聞かれるのが、病院勤務の薬剤師の給料の低さです。 国公立の病院なら公務員ですから年数がたてばそれなりに給料も上がりますが、民間病院では経営面が直撃ですから、人件費削減など突然起こったりするものです。 転職すれば経験やスキルが考慮されますし、マネージャー業務や管理薬剤師などでさらに給料は上げられます。

 

 

薬剤師の転職と年齢による影響とは

年齢って影響するのかな?
薬剤師の友達たちと話をしていると、調剤薬局では人手不足とは言っても誰でも大歓迎ってわけでもないみたいです。 未経験で35歳以上だったりだと採用されないというのは聞きますね。さすがに資格だけ取って35歳まで一般企業に勤めてから薬局に、という人は少ないと思いますが。

中途採用となると将来性の見込みとか、それまでの経験による即戦力が求められるのは多いようで、働ける勤務時間が限られていたり年齢で引っかかるという話も聞きます。 年齢が高い=不採用と絶対になるわけではなく、昔の先輩は38歳だったのに正社員で採用されたとも言っていました。 キャリアアップとしての転職だったこともあって、それなりの確かな経験や知識を持たれていたことで需要ありと判断されたのでしょう。 ベテランというのは採用側もしっかりと見てくるものなんですね。

 

ただ、年齢を重ねることで新しくものを覚えるスピードが変わってきますし、ブランクが長すぎると仕事の勘を忘れてしまうこともあります。 育児が一段落したところで子供の将来のことを考えると、やはり貯金は少しでも多いほうがいいわけですから、薬剤師をパートで働くようにするだけでも現役でいられます。

ちゃんと復帰できるか不安があれば転職サイトのサポートも無料で受けられますし、案外と近場で自分に合った職場が見つかるかもしれません。 今までにしてきた仕事の経験というのは年齢が若い人たちには絶対にない強みでもありますから、新たな場所で挑戦するのも一つの道です。

 

薬剤師が就職活動で選びやすい薬局とは

小規模でも給料が高いケースも
薬剤師が就職活動するときには病院や薬局や製薬会社などあちこちで情報収集をするわけですが、 この中でも募集期間が長いのは調剤薬局です。 大学卒業ギリギリであっても就職活動が可能なパターンが多く見られました。 ひとえに薬局と言っても、個人開業の薬局もあれば大手チェーンの薬局もあります。

個人開業の薬局では、求人募集を見るとすぐ面接をしてもらえることが多いです。 むしろ、面接こそ全てと言っても良いほどです。 事前の情報がお互いに何も分からない状態ですし、履歴書も当日になって初めて見られるというようにそれほど重苦しい手順も必要になりません。

大手チェーンになると、複数名まとめて募集することになり、事前に説明会が開かれたり、人事担当の案内を受けたりします。 職場の雰囲気や給与面なども疑問点は事前に聞けます。 それらを踏まえた上で就職活動となります。

 

個人薬局だと面接の相手も実際にそこで働いている薬剤師さんになります。 人柄がどうなのか全体を把握するのは難しいですが、それは社会人としてどこの職場でも変わりません。 人数は少なめですが、応募してくる薬剤師も少なめなので、確率的に言えば個人薬局のほうが受かりやすいかもしれません。

大手チェーンだと安定感はあるかもしれませんが、社内でのルールも厳しかったり、異動も当たり前なので、社風が受け入れられなければ長く勤めるとなると人によっては厳しいかもしれません。 どちらにしても、事前の情報収集は必要です。 情報は多く把握しておくに越したことはないのです。もっと調べておけば良かったと後悔するのは勿体ないですし、少しでも多くの方向から客観的に見る能力もあると良いです。

 

転職によって高収入になった先輩薬剤師

月5万円アップって
転職することで高収入を勝ち取る人も出てきています。 毎月5万円のアップがあるだけでも生活に余裕が生まれます。 基本的に病院から薬局やドラッグストアへの転職ならまず高収入になるでしょう。 薬局なら薬剤師手当も付きますからね。

他にも、都会から地方に移るのも一つの方法です。 地方には薬剤師の人口が少ないので、管理薬剤師もかねることが多く、収入も上がります。 家賃とか物価など生活での出費も都会より低いので、使うお金も減らせて手元に残る貯金が増やせます。 経験やスキルはそれほど重視しなくても高収入への道はそれほど難しくないんですね。

 

ただ、場所によっては収入は上がるけど土日勤務や残業など稼働時間も増えるケースもあります。 病院の時は土日休みだったのが、店舗だと土日営業もあって出勤となることで生活リズムが変わることにはなります。

収入を取るか、プライベートの充実を取るか、など人それぞれ働き方は変わりますが、事前によく考えておきましょう。 また、自分自身だけで転職活動をするとなると1件1件に履歴書を送ったり面接の日取りを調整するなどの手間が発生します。

その点、薬剤師専門の転職サイトなどを使うと、最初に希望条件さえ登録しておけばサイト側が代わりに履歴書を送ってくれたり、 アドバイザーが面接の日取りも調整してくれるので、面倒な手間が無くなり、面接当日に行くだけで済むので、仕事に行きながらでもコッソリ転職活動をすることができます。 アドバイザー側も転職を成功させるために尽力してくれるますし、収入面の要望も自分の代わりに交渉してくれるので意外とあっさり高収入になれる方法でもあります。

 

 

 

 

error: