薬局を辞めたい薬剤師の原因とは

給料の低い薬剤師

今までに何人かの薬剤師と仕事をしてきましたが、例えば薬局を辞めたいと考える薬剤師の思考は、ざっと2つに分けられます。まずは人間関係です。

調剤薬局って働いた人なら分かるかと思いますが、とても閉鎖的なんですよね。
患者さんと毎日コミュニケーションを持つような明るい職場かと思いきや、1日のほとんどの時間は狭い空間で少人数のスタッフで毎日を過ごすんです。

だから、もしそのスタッフたちとの関係が悪くなってしまうともう地獄です。

そんなリアルな声をお届けします。

 

責任の大きさと人間関係に挟まれて

クレーム対応も大変
人間関係の悪化はそのまま仕事にも影響します。 連携がうまくいかなければならない業務でもあるので、かなりツライ状況になりますね。 1つの間違いで患者さんの命に直結してしまう責任が大きい仕事ですし、調剤薬局はクレームも時々あります。

そんな厳しい労働環境の中で人間関係が悪化してしまうと、もう辞めたいと思うのもよく分かります。 また、人間関係は良いけど仕事内容が退屈だということで転職を考える薬剤師も少なくありません。 確かに調剤と投薬の毎日であり、上昇志向のある人にとっては仕事のやりがいが無いと感じてしまうこともあります。

それでも安定した給料と家族のある立場であれば簡単に辞めることはできないかもしれませんが、独身のままで退屈な仕事となると、キャリアアップや挑戦の意味もあって調剤薬局を辞めたいという気持ちはよく分かりますね。

 

病院をやめたい薬剤師の思考とは

病院から逃げたくなります
私は病院で働いている薬剤師です。職場を辞めたいと思う時があります。 そもそも薬剤師が新卒で就職するのに病院は一番人気だったりして、それなりに競争率も高く、長いこと働く人も多いんですね。

ただ、長いこと働いていると日々の多忙だったり、給料が安かったりと、色んな現実を味わうわけで仕事に対するモチベーションが下がるようなこともあるんです。 就職する前は想像していた高みがあった人でさえも、理想と現実に悩まされるんです。

薬剤師の募集人数は看護師などと比べても全然少ないですし、一人に対する業務量は結構あります。 業務に忙しく毎日が過ぎていきますから、教育の余裕もあまり取れません。 私も先輩に付いて自分で覚えるという状態でした。 同期が大勢いるわけでもないですし、毎年求人が出るものでもないので、同僚の薬剤師だけを見ても一番年齢が近い人でも4つ上の先輩後輩なんて状態でしたね。

 

質問をしたくても周りは忙しそうで聞きにくい状態とか、仕事にも慣れてない状態で自分で解決せざるを得ない状態とか、色々ありました。 この頃は結構しんどかったですね。 人間関係も良好でなければ仕事に直接影響してしまいます。 看護部とは本当に慎重に対応してましたね。人数的にも薬剤部は不利ですから。意外に肩身も狭い思いをしてました。

仕事量が多いのでやりがいはありますが、毎日が時間に追われたり、コミュニケーションも考えながら、 普通のOLさんと変わらないような扱いだったりしますし、給料も低いとなっては自分を振り返る時間も持ちたくなるものです。

 

薬剤師の就職時に起こった裏話

聞いてた条件と違う
薬剤師の求人である条件は、多くがとても良い条件で提示されています。 例えば、とても高い年収で提示されていたとします。

これが残業代込みである場合もあるんですね。 就職する前には実際の労働時間など確認できませんし、かなりの残業を強いられるケースもあるんです。 他にも「週休2日制」となっている条件も、これは必ずしも丸々1日休める日が1週間に2回あるというわけでも無いんですね。

病院であれば土日休みでほとんど間違いないでしょうが、調剤薬局だと休日は処方箋を出しているクリニックの開院日に合わせることもあり、 多くは「(土)午後半日、or(水)午後半日の休み+(日)」などとして週休2日とカウントされるケースがあります。 これだと丸々休日というのは日曜日だけですよね。

半日だけだからと言っても、朝の早起きや着替えや準備、そして往復の通勤などがあり、休日の気分になんて到底なりません。 このような就職時の裏話というのは自力で情報収集することは難しいものです。 私はそういう話を転職サイトを使ったときのアドバイザーから聞かされたんですね。 彼らは求人案件についてかなり詳しく調べるんです。

現場にも足を運んで人事担当と何度も話をするほどなので、その職場で起こったこれまでの人間関係とか働き方も詳しく教えてもらえます。 求職者の立場としても「こんなはずじゃなかったのに!」と後から後悔するような就職だけは避けたいものです。 私も一薬剤師として決して他人事ではないと感じましたね。

 

 

人手不足も起こってます
私が調剤薬局に就職した頃は、調剤薬局が増え始め、薬学部が6年制に切り替わり、数年後に空白の2年がやってくるという時期で、 薬局への就職は正直簡単でした。 そして今でも、その状況はほとんど変わっていないように感じます。 それぞれの地域や、薬局により違うとは思いますが、 薬剤師飽和説が、本当にあと数年で現実になるとは思えないくらい、私の周りの現場は常に人手不足状態です。

人がいない→忙しく休みが取れない→疲弊して辞めていく この悪循環に陥った薬局では、有能な薬剤師が転職していき、 職場環境は悪くなるいっぽうで、どこかで聞いたことのあるブラック企業となんら変わらない状態になってしまうのです。 薬剤師の数が増えてきたら、この状況は改善されるのか、正直わかりません。 薬局が利益を上げるには、決められた診療報酬の中で、いかに効率よく経営するかなのです。

利益ばかりを追い求める企業では、現場の環境はいつまで経っても良くならないでしょう。 求人情報にはいいことしか書かれていません。 しかし、嘘を書くわけにはいかないので、いろいろと工夫して書かれているのです。 しっかりとそれを見極める目が必要です。 そして、内部事情に詳しい人にアドバイスを求めることもとても大切だと思います。 薬剤師として、やりがいを感じながら、充実した日々を送れる職場に出会えるといいですね。

 

業務が多忙で拘束時間が長い

友達が辞めてしまった
病院は人気の就職先ですが、その後薬局へ転職してしまう人もたくさんいます。 理由としては業務が多忙で拘束時間が長いことが挙げられます。 院内処方の場合、外来と入院患者両方の薬を作らないといけないので、1日中調剤業務に追われます。

一方、院外処方に切り替えた病院だと、その分薬剤師の数が減らされ、 一人で様々な仕事を受け持たなくてはいけなくなります。 病院薬剤師の仕事は、調剤業務の他、注射薬の調剤、DI業務、病棟業務、在庫管理等様々です。 他の職種に人からはなかなか、大変な仕事と理解してもらえず、辛い思いをしている人もいます。

また、チーム医療の一員として、患者さんの治療に参加するので、絶えず知識を深めていかなくてはいけません。 そのため、勤務時間外で勉強会に参加したり、日々努力が必要です。 夜勤や当直もあるので、時間が不規則で体調管理も難しいでしょう。 給料が上がらないことで転職を考える人もいます。

初任給で、20万から25万円。国公立の病院はその後上がっていきますが、 民間の病院だと、なかなか収入がアップしない場合も。 その他、人間関係で悩む場合も。 薬剤師間の人間関係だけでなく、 病院では医師や看護師など、様々な人とかかわるので、それが負担に感じることもあります。

友人の男性薬剤師は、結婚するからと、勤めていた病院を辞め、調剤薬局へ転職しました。 病院では、家族を養えるだけの収入が見込めないからとのことでした。 日曜、祝日も出勤があると、家族との時間が持てないというのも理由だったようです。 病院の薬剤師は、何よりも医療に貢献するという強い気持ちがなければ、 続けられない仕事かもしれませんね。

 

 

error: